トップ / 賃貸の初期費用などは確認を

賃貸の初期費用などは確認を

賃貸契約時の確認事項

賃貸契約

賃貸物件の敷金とはなにか

賃貸物件を借りる際に「敷金」という項目があります。この項目は、「家賃滞納時の充当費用/退去時の償却費用」として主に使用される費用になります。初期費用を抑える為に「敷金0ヶ月物件」がありますが、退去をする際には注意が必要になります。賃貸物件を決める前に、「0ヶ月物件」の場合は「退去時の費用項目」がどのように規定されているかを、不動産業者に対して聞く事をお勧め致します。このような場合、色々な退去時の項目費用が「間取図」等に記載をされていますので、注意深く見られると良いです。不安があるようであれば、不動産業者に対して素直に相談すると良いかと思います。

契約の初期費用敷金の仕組み

賃貸契約をするにはいろいろとお金が必要です。借りる部屋の家賃は当然ですが、正式に契約する際にも初期費用としてまとまった金額が必要です。初期費用は家賃の6か月分が目安と言われ、その項目のひとつに敷金というお金があります。敷金というのは賃貸契約を結ぶにあたっての担保金で、このことは民法でも正式に定められています。担保する内容は、家賃と借りた部屋の修繕費用です。つまり、家賃の滞納をしてしまった時や故意かそれに近い理由で部屋を汚したり壊してしまった場合にはここから補てんします、という意味合いで家賃の何か月分かを不動産会社経由で大家さんに預けておくものです。

↑PAGE TOP